トップ

植物性乳酸菌を料理でとる

植物性乳酸菌の効果とは

植物性乳酸菌の効果を紹介

乳酸菌とは糖を分解して乳酸を作り出す細菌です。乳酸菌といえば、思い浮かぶのはヨーグルトや乳酸菌飲料といったところでしょうか?ヨーグルトに含まれているのは乳由来の動物性乳酸菌です。同じ乳製品ですからチーズや発酵バターに含まれている乳酸菌も動物性乳酸菌ですね。乳酸菌というと、一般的にはこのような動物性乳酸菌を指すことが多いかと思います。

しかし近年研究が進み、植物性乳酸菌の力に注目が集まっています。ここでは、植物性乳酸菌の恐るべき効果を知るというテーマでその働きを見て行きましょう。

植物性乳酸菌にはどのような効果があるのでしょう。動物性乳酸菌と同じくおなかの調子を整えるなどの効果もありますが、最も注目すべき効果は免疫力を上げる働きでしょう。植物性乳酸菌には免疫細胞を増産する働きがあることがわかってきました。しかもその生産量は動物性乳酸菌とは比較にならないほどの多さなのだそうです。

では植物性乳酸菌にはどんな特徴があるのでしょうか?動物性乳酸菌と比較するとわかりやすいので、順にあげてみます。まず、植物性乳酸菌はとてもタフです。よく乳酸菌の入った食品の謳い文句で「生きて腸まで届く」といったものがありますが、実際に生きて腸まで届くタフさがあるのは植物性乳酸菌です。

これは乳酸菌の生まれ育ちに理由があります。動物性乳酸菌はミルクの中で生きています。牛の体内といういつも温かく栄養状態もよい恵まれた環境でないと生きて行けません。過酷な人体に入ると、胃酸に出会ったり腸内で無酸素状態になったりして死滅してしまうのです。

一方、植物性乳酸菌はあらゆる植物に付着して生息しています。寒暖差のある外気にあたり、紫外線に晒されています。そんな環境を生き延びた植物性乳酸菌は人の体内に入っても胃酸などの消化液にも負けずに腸まで到達することができるのです。

日本人の腸は長いので、生命力の強い植物性乳酸菌との相性がよいそうです。日本食には古来から植物性乳酸菌がたくさん入っています。ではどのような食べ物を食べたら乳酸菌が摂れるのでしょうか。

Copyright © 植物性乳酸菌の効果とは. All rights reserved.